アマゾン ウェブ サービス(AWS)の無料クラウドカンファレンス、東京で2Days開催!


  セッション紹介

AWS Summit Tokyo 2013では基調講演をはじめ、午後は「エンタープライズ」「コンシューマーサービス」「デジタルマーケティング」「テクノロジー」の4つのトラックをご用意しております。
それぞれで、AWSをご利用いただいているお客様にご登壇いただく事例セッション、技術セッション、そしてナイトイベント、そして展示エリアでのミニステージでのセッションと、全63セッションを通じて、皆様のご興味、ご利用用途、ビジネスにご活用いただける2日間をご提供いたします。

※出展ブース、AWSの利用体験ブースの紹介はこちらをご覧ください。 »

基調講演 紹介 » | エンタープライズトラック 紹介 » | コンシューマーサービストラック 紹介 » | デジタルマーケティングトラック 紹介 » | テクノロジートラック 紹介 » | パネルディスカッション 紹介 » | ナイトイベント 紹介 »


  基調講演 紹介

 KEY-01  Day1 (2013/6/5)10:30-12:00

Day1 オープニングキーノート(基調講演)

講師
Werner Vogels(CTO, Amazon.com,Inc)
ゲストスピーカー
Jason Stowe (CEO, Cycle Computing LLC.)
小柳 建彦 (株式会社 日本経済新聞社 産業部編集委員)
藤原 靖久 (トヨタメディアサービス株式会社 専務取締役)
概要
Amazon RedshiftやAWS OpsWorksといったAWSの最新のイノベーションを紹介すると共に、クラウドがもたらすビジネスの変革についてもご紹介いたします。
また、AWSクラウドを使ったアプリケーションの構築、移行に成功したお客様をゲストにお迎えし、なぜクラウドが必要か、どのように使われているかについて直接ご紹介いただきます。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 KEY-02  Day2 (2013/6/6)10:30-12:00

Day2 オープニングキーノート(基調講演)

講師
長崎 忠雄 (アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 代表取締役社長)
ゲストスピーカー
稲葉 茂 (東京海上日動火災保険株式会社 理事 IT企画部長)
前川 一郎 (三井物産株式会社 理事 IT推進部長)
安斎 富太郎 (SAPジャパン株式会社 代表取締役 社長)
岩田 眞二郎 (株式会社日立製作所 (代表執行役 執行役副社長 情報・通信システムグループ長 兼 日立グループCIO 兼 日立グループCISO))
概要
クラウド元年と呼ばれた2010年から3年余りが経過した現在、システムを構築する際に、従来のオンプレミス環境に比べて初期投資を抑えられ、すばやく、低リスクで始められるクラウドを第一の選択肢とする「クラウドファースト」が日本でも常識になってきています。エンタープライズにおいてもクラウドファーストを採用する企業が次々と登場しており、今後もこの流れは加速していくことでしょう。
本講演では、日本のエンタープライズ企業でクラウドファーストが増えている背景と、クラウドが活用されている最前線の情報をお客様と共にご紹介いたします。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

  エンタープライズトラック セッション紹介

 EP-00  Day1 (2013/6/5)12:15-12:55

【ランチセッション】
Road To AWS -クラウドへの道- (満席)

講師
堀尾 紀昭(株式会社アンデルセンサービス 執行役員 システムサポート部 部長)
概要
10年間のシステム再構築の過程で、それぞれのポイントで、インフラ構築・アプリケーション基盤、アプリケーション構築、いろいろ考えながらチャレンジしてきました。その果てに見えたクラウドの地平。いいも悪いもクラウドとのつきあい方、それに至った理由をお話いたします。お食事を取りながら気楽にお聞きください。
※ランチ付きセッションとなります。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 EP-01  Day1 (2013/6/5)13:20-14:00

トヨタ公式サイトの移行事例紹介

講師
堂原 淳也(トヨタメディアサービス株式会社 技術本部 部長)
概要
コスト削減のプレッシャーは企業Webサイトの領域も例外ではありません。
サーバの老朽更新期限が迫る状況で、オンプレミスと袂を分かち、トヨタ公式サイトをクラウドへ全面移行することを選択。
数あるクラウドの中からAWSにたどり着いた理由。
狙ったコスト削減はどこまで達成できたのか?
本セッションではトヨタ公式サイトのクラウド化構想から実現までの過程をご紹介いたします。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 EP-02  Day1 (2013/6/5)14:20-15:00

【実録】エンタープライズ AWS ~その時歴史は動いた~

講師
大石 良(株式会社サーバーワークス 代表取締役)
概要
2009年からAWSに特化したインテグレーションサービスを提供しているサーバーワークス。
震災後の日本赤十字社に対するAWS支援から、その後の数々のエンタープライズAWSプロジェクトについて実例を交えてご紹介。
今なぜエンタープライズ用途でのAWS導入が進んでいるのか、そして、なぜその為のパートナーとしてサーバーワークスが選択されているのか、「エンタープライズAWS」を選択されたお客様の生の声を交えて、その舞台裏をお伝えします。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 EP-03  Day1 (2013/6/5)15:20-16:00

クラウド利用もハンズ流。POSシステムもAWSで(満席)

講師
長谷川 秀樹(株式会社東急ハンズ ITコマース部長 執行役員、ハンズラボ株式会社 代表取締役社長)
概要
新規サーバ購入をやめ、EC、ファイルサーバー、POSなどの自社システムを順次クラウドへ移行するに至った経緯と、自社開発を重視してプロジェクトを進めたハンズ流のAWS利用について、実施したプロジェクトの内容と、実際の導入効果やメリットについてご紹介します。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 EP-04  Day1 (2013/6/5)16:20-17:00

ケンコーコムを支えるECシステム/SAP ERPのAWSクラウド化(仮題)

講師
新井 達也(ケンコーコム株式会社 取締役IT本部長)
概要
ECサイト、在庫管理/販売管理システム、SAP ERPなど、ケンコーコムを支える重要なシステムのAWS移行について、導入の経緯やプロセス、得られたメリットなどについて、ご紹介します。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 EP-05  Day2 (2013/6/6)12:15-12:55

【ランチセッション】
中とろより価値あるITを。あきんどスシローのクラウド活用術 (満席)

講師
田中 覚(株式会社あきんどスシロー 情報システム部 部長)
概要
中とろ販促よりもお客様に喜んで頂けるのかどうかでIT投資を判断している当社が、AWS上に構築した10億件超のすしの売上分析システムとテイクアウトの受注システムについてご紹介させて頂きます。
※ランチ付きセッションとなります。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 EP-06  Day2 (2013/6/6)13:20-14:00

AWSとの連携で加速する日立のクラウド戦略

講師
中村 輝雄(株式会社日立製作所 情報・通信システム社 クラウドサービス事業部 事業主管)
概要
企業経営者の重要課題がコスト削減から企業成長の加速に移りつつあります。
このため、迅速なグローバル事業の展開や、新事業分野への挑戦に向けたクラウドの戦略的活用が注目されています。クラウドの活用は単なる技術革新に留まらず、ビジネスの変革をも起こしつつあります。
このような背景から、日立はAWSとの連携でエコシステムを構築し、お客様に最適なクラウドソリューションをご提供致します。本セッションでは、こうした日立の新しいクラウド戦略について御紹介致します。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 EP-07  Day2 (2013/6/6)14:20-15:00

グローバル展開も視野に入れた、協和発酵キリンのクラウド活用事例

講師
篠田 敏幸(協和発酵キリン株式会社 情報システム部長)
概要
SAPのAWS移行を皮切りに、様々な業務システムの移行を行なう中で培った運用ノウハウと、クラウドの利点を生かし、国内と海外を結ぶ業務ネットワークを構築した事例、そして弊社が考える今後のシステム/ネットワーク構想をご紹介致します。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 EP-08  Day2 (2013/6/6)15:20-16:00

「ついにSAP on AWS全面解禁! リアル・リアルタイムプラットフォームのススメ」

講師
馬場 渉(SAPジャパン株式会社 クラウドファースト事業本部長)
概要
昨今の予測の難しい外圧などにより、ビジネスのスピードアップ化が求められている今、システムの対応力に対しても、当然強くスピードアップを求められるだけではなく、同時にシステムに対するTCO削減、および高い投資効果を目指されて日々改善に取り組まれておられるかと存じます。
現在、SAP Business Suiteを始めとしてHANA、Business ObjectsやSybaseなど、SAPの多くの主要ソリューションがAmazon Web Servicesを稼働環境として稼働させることが可能となっております。
お客様のリアルタイムビジネスを支えるプラットフォームとしてのSAP on AWSの価値を、事例や活用のヒントなどと共にご紹介いたします。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 EP-09  Day2 (2013/6/6)16:20-17:00

クラウドへの引っ越しを始めたミサワホームの決断

講師
宮本 眞一(ミサワホーム株式会社 企画管理本部 情報システム部 部長)
概要
人事給与、会計、BIなど、さまざまな業務システムをAWSクラウド上で稼働させるに至った経緯と、マルチベンダー体勢でどのようにプロジェクトを進め、クラウド移行を推進したか、どのような課題や問題が発生し、どのような効果が得られたのかをご紹介します。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る


  コンシューマートラック セッション紹介

 CS-01  Day1 (2013/6/5)13:20-14:00

激変するモバイル環境に対応する新聞社のクラウド活用術

講師
東 弘行(日本経済新聞社 デジタル編成局 開発担当)
概要
日本を代表するオンラインメディアも提供する日本経済新聞社。
情報の取り扱いに厳しい新聞社においてクラウド活用を決断した理由とは。
アクセスピークの激化、ニュース速報のリアルタイム配信へのニーズの高まり、端末の多様化などメディアを取り巻く状況が激変する中で、クラウドにより得られるメリットとは。
日本経済新聞社がクラウドをテーマに皆様に“価値ある情報”をお届けします。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 CS-02  Day1 (2013/6/5)14:20-15:00

レグザクラウドサービス「Time On」における事例ご紹介

講師
坪井 創吾(株式会社東芝 商品統括部 プロダクト&ソーシャル・インターフェース部 参事)
概要
2012年10月より、当社デジタルハイビジョン液晶テレビ「レグザ Z7 / J7 シリーズ」向けに、レグザクラウドサービス「TimeOn(タイムオン)」を開始しました。
本サービスは、チャンネル切替や録画再生といったTV機能を呼び出す HTML5 アプリケーションにより実現しており、付属のリモコンなどを使ってテレビの画面から利用することができます。「タイムシフトマシン」機能で一時保管した番組の中から番組やシーンを検索・再生できる「みどころシーン再生」など、サーバーシステムと連動した新しいユーザー体験を提供しています。
従来は、番組メタデータを扱うためのインフラ導入・運用コストがネックでしたが、AWSなどを活用することで、ローンチすることができました。
本発表では、TimeOn サービスにおける AWS の使い方に加え、ハードウェア製品を主に扱う企業であるがゆえの開発チームの苦労、運用予算の考え方や社内説得、TV向けWebサービス固有の問題、運用開始後のイベントなどについて、主に商品企画の視点から紹介させていただきます。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 CS-03  Day1 (2013/6/5)15:20-16:00

iOS向け地図ナビアプリ「MapFan+」におけるAWSの活用
~大容量地図データ無料ダウンロードの実現~(仮題)

講師
宮沢 貴之(インクリメントP株式会社 「MapFan+」商品企画担当)
山脇 敦(インクリメントP株式会社 「MapFan+」開発担当)
概要
2012年11月、iOS向け無料地図ナビアプリ「MapFan+」を公開。
リリース時のオフライン地図データ無料配布キャンペーンが大盛況で、ダウンロードはピークへ!
大容量の全国オフライン地図データを、いかにしてユーザーへ無事届けることができたのか?
キャンペーンの裏側を支えたAWSについて、実際のデータ転送量等の数字やグラフを交えながら、その実績や導入効果を紹介します。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 CS-04  Day1 (2013/6/5)16:20-17:00

ソフトバンク・ヒューマンキャピタルにおける AWS 利用事例紹介

講師
ソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社
概要
近日発表

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 CS-05  Day2 (2013/6/6)13:20-14:00

Amazon.co.jpのクラウドを活用したB2Cビジネス(仮)
~ Amazon Cloud Player, Cloud Drive, Amazon Androidアプリストア~

講師
浅岡範子 (アマゾンジャパン株式会社 デジタル音楽映像事業部 マーケティング部長)
岡崎淳一 (アマゾンジャパン株式会社 アプリストア事業部 Senior vendor manager)
概要
アマゾンのクラウドサービスはAWSだけではありません。AWSを使った、またAWSとの親和性の高いクラウドサービスも多数提供されています。本セッションでは、その中でも「コンシューマー向け」のクラウドサービスとして提供しているAmazon Cloud Player, Cloud Drive, そして、Kindle Fire等でもおなじみのAmazon Androidアプリストア について、そのサービスの魅力とアーキテクチャーなどについて、ご紹介いたします。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 CS-06  Day2 (2013/6/6)14:20-15:00

大規模案件の裏側 ~巨大AWSインフラ事例のご紹介~

講師
後藤 和貴(cloudpack(アイレット株式会社) エバンジェリスト)
概要
AWS上のシステム構築から運用保守まで一手に引き受けるcloudpack。200を超えるユーザーの中でもシステム規模の大きいケンコーコム様、トヨタメディアサービス様、日本テレビ(JoinTV)様、バンダイナムコゲームス様、ローランド様などを始めとした事例から、構築・運用のポイントをご紹介、他にも現場で活用しているノウハウについてお話します。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 CS-07  Day2 (2013/6/6)15:20-16:00

コンテンツの変化はインフラの変化 ソーシャルゲーム vs. バンダイナムコゲームスの適応力

講師
河原 真太郎(株式会社バンダイナムコゲームス 第2事業本部 第2ディビジョン システム部 システム開発課 チーフ)
土谷 三(株式会社バンダイナムコゲームス 第2事業本部 第2ディビジョン システム部 システム開発課 アシスタントマネージャー)
仁木 貴之(株式会社バンダイナムコゲームス 第2事業本部 第2ディビジョン システム部 システム開発課 アシスタントマネージャー)
概要
フィーチャーフォンからスマートフォンへ。
携帯・WEBコンテンツからソーシャルゲームへ。 オンプレミスからAWSへ。
ソーシャルゲームの事例を元に、AWSのポイントや苦労した点なども赤裸々に語ります。
コンテンツの変化にバンダイナムコゲームスがどう適応してきたのかをお伝えします。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 CS-08  Day2 (2013/6/6)16:20-17:00

画像保存・共有サービス「NIKON IMAGE SPACE」における海外展開へのクラウド活用

講師
照井 崇 (株式会社ニコン 映像カンパニー 開発本部 ソリューション設計室)
概要
31の国と地域へ展開する画像保存・共有サービス「NIKON IMAGE SPACE」の開発では、グローバル展開するサービスならではのインフラ上の問題対応とアーキテクチャ設計が求められました。これらの課題をAWSを活用することにより解決したポイントをご説明いたします。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る


  デジタルマーケティングトラック セッション紹介

 DM-01  Day1 (2013/6/5)13:20-14:00

クラウド技術を活用したリアルタイム広告 "Logicad" の入札・配信・ログ解析

講師
安田 崇浩(ソネット・メディア・ネットワークス株式会社 開発リーダー)
概要
近年のインターネット広告では、複数の広告会社が1ページビュー毎に0.1秒間のオークションに参加して広告を配信するリアルタイムビッディングという取引が行われ、日本国内でも取引が1秒間に数万件以上に及びます。
このようななか、弊社もDSP「Logicad」にて参画し、最適な広告を高速に処理して配信するため、オンプレミスサーバーと AWS を Direct Connect で組み合わせてシステムを構築しています。
またオークション取引や広告配信における大量ログをRabbitMQ で処理しAmazonS3、EMR、DynamoDB等を活用して分析しています。
本セッションでは、リアルタイムな広告配信の仕組みと活用している技術についてお話させて頂きます。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 DM-02  Day1 (2013/6/5)14:20-15:00

チームラボ流クラウドスピードクッキング ~この講演中にゼロからサービス一個立ちあげます~

講師
角山 恵介(チームラボ株式会社 テクノロジーDiv)
概要
チームラボはテクノロジー、デザイン、映像、ハードウェア、空間設計などジャンルを問わず色々なことに興味を持つ人間が集まって構成されております。
「デジタルであればなんでも作る」をモットーに、新しいプロダクトの開発からお客様の「こんなWebサービスをつくりたい」というご要望を頂いての受託開発など様々な仕事をしております。。
そんな中2~3年前はほとんどクラウドを利用していなかった状態から、現在では様々なサービスでクラウドを利用するに至りました。チームラボでどのようにクラウドを活用しているか、この講演内にゼロからサービスを一個立ちあげながらお話させてただきます。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 DM-03  Day1 (2013/6/5)15:20-16:00

ローランドにおけるITコンソリデーション・ケースとデジタル・マーケティング強化&最適化の実現手法

講師
土屋 敏彦(ローランド株式会社 マーケティング部)
概要
楽器メーカー「ローランド株式会社」におけるAWS導入ケースをご紹介します。
AWSを使い、如何にしてインフラやIT資産を整理・統合し、攻めのコスト資源を確保したか、また、そのコスト資源を使いエンドユーザー向けサイト『Roland BRIDGE』を構築したかを中心に、AWSの各種サービスを使って資源を最適化し、デジタル・マーケティングを強化したエピソードと実現のポイントを解説します。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 DM-04  Day1 (2013/6/5)16:20-17:00

日テレソーシャルTVサービスJoinTVのO2O2O(On Air to Online to Offline)戦略を実現するクラウド活用

講師
安藤 聖泰(日本テレビ放送網株式会社 メディアマネジメント部 主任)
概要
JoinTVは、従来の地上デジタルテレビをインターネットに接続するだけで、テレビ画面に同じ番組を見ているFacebookやTwitterなどのSNS上の友人が表示されたり、気になったシーンでリモコンボタンを押すだけで情報がシェアされたりクリッピングできる新しいソーシャルテレビ視聴サービスとして、クラウド環境上にシステムを構築し、2012年3月より対応番組を開始しました。
さらに、テレビがインターネットにつながっていなくても、手元のスマートフォンでも参加できる仕組みを設け、テレビをみながらスマートフォンやタブレットで人とつながる新しい視聴スタイルも提供してきました。
最近、インターネット上のサービスではオンライン(Onlie)上の世界とリアルスポットを結ぶオフライン(Offline)を連携させるO2O(Online to Offline)が注目されていますが、このJoinTVでは放送からSNSやスマートフォンを介してリアルスポットまでを連携するO2O2O(Onair to Online to Offline)という新しい放送と通信の連携による可能性などについてもお話しします。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 DM-05  Day2 (2013/6/6)13:20-14:00

デジタルマーケティングにおけるクラウド適用俯瞰図

講師
大谷 晋平(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 エマージングソリューション部 部長 / ソリューションアーキテクト)
今井 雄太(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト)
概要
スマートフォン/タブレットユーザーの増加、ソーシャルTV、リアルタイムビッディング、O2O・・・様々な要素がデジタルマーケティングを取り巻く環境の変化を加速させています。この変化に対応するため、クラウドは欠かすことのできないツールのひとつになっていると言えます。
本セッションではデジタルマーケティングを俯瞰的にとらえ、キャンペーンサイトなどの広告主/エンドユーザーの目に触れるところから、いわゆるアドテクにおける広告配信やターゲティングの裏側で動くシステムまで、各シーンにおけるAWSの有効な活用方法を事例等を交えながらご紹介していきます。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 DM-06  Day2 (2013/6/6)14:20-15:00

インターネット上のユーザーの行動の可視化を実現したAWSによるビックデータ解析基盤

講師
吉川浩永(株式会社Consumer first/代表取締役社長)
概要
自社サイトに来る前、離脱したユーザーはどんなサイトを閲覧しているのか?どんな検索ワードを叩いているのか?
競合サイトを見ているユーザーは、どんなサイトを閲覧しているのか?どんな検索ワードを叩いているのか?
これまでの自社サイトの解析だけでは、把握できなかったユーザーの行動を可視化するサービス「C-Finder」。
これらはConsumer firstが保存する約1万人(アンケートデータ+アクセスログ)、10万人(アクセスログ)を元に、数十億レコードに渡るこれらのデータを様々な切り口で短時間に解析することで実現しています。
この「C-Finder」基盤を実現するためにAWSをどのように使っているか、AWSを使う事で何ができるようになったのか、弊社事例をご紹介します。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 DM-07  Day2 (2013/6/6)15:20-16:00

クラウドで RTB ~50ms or die. を支えるFreakOut の AWS 活用~

講師
久森 達郎(株式会社フリークアウト Development Infrastructure Leader)
溝口 浩二(株式会社フリークアウト Corporate Development)
概要
FreakOut は広告枠を表示タイミングでリアルタイムに価格を決定し買い付ける、いわゆるリアルタイム入札を行うプラットフォームであり、2013年現在、国内オンライン広告業界唯一の DSP 専業プロバイダとして開発/運営を行なっています。
リアルタイム入札はWebサイトで発生したインプレッションをその瞬間に買い付けるシステムの特性上、約100ms以内と厳しいレスポンスタイム制約が設けられています。
FreakOutはこのインプレッションに対してRTT含め、平均約50msという高速応答を実現、運用しています。弊社ではサービス開始当初から AWS とオンプレミスを組み合わせて展開しており、ワールドワイドな展開においても Amazon VPC を活用したシステムを構築しています。
本セッションでは、AWS 活用の変遷とサービス選択のポイントについてFreakOut における事例を基にお話いたします。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 DM-08  Day2 (2013/6/6)16:20-17:00

お客様のビッグデータ活用をナビゲーション
~ビッグデータ×クラウド活用の現状とマーケティング事例~

講師
保木 富雄(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 ITビジネス企画推進室 ビジネス開発部 ビッグデータ・ビジネス担当部長)
概要
最近よく耳にする「ビッグデータ」と近年導入が盛んにおこなわれている「クラウド」。
ビッグデータ×クラウドの活用がもたらす新製品開発や顧客サービスの革新、ソーシャルメディアの新たな活用可能性など華々しい情報が飛び交う中、自社における活用可能性やその取り組み方についてご相談を受ける機会が増えてまいりました。
そういったお客様の素朴な問いかけに指針を提供すべく、ビッグデータ活用をナビゲーションする為に開発したサービス体系とクラウドを利用したマーケティング事例についてご紹介します。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る


  テクノロジートラック セッション紹介

 Tech-01  Day1 (2013/6/5)13:20-14:00

AWSをフルに活用しながら、あんしんできるセキュアなクラウド利用法とは? (満席)

講師
福井 順一(トレンドマイクロ株式会社 エンタープライズマーケティング部 プロダクトマーケティングマネージャー)
概要
新規サービスの迅速な立ち上げから、災害対策基盤、社内システム基盤の移行まで、企業におけるAWSの活用領域が日々拡大しています。
その際、セキュリティ対策にお悩みはありませんか?本セッションでは従来のオンプレミスと同等のセキュリティを保ちながら、AWSの機能を活用したクラウドを構築していくためのセキュリティ構築方法をご紹介します。「本当に?!」と思う方、ここに"できる" 答えがあります!!

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 Tech-02  Day1 (2013/6/5)14:20-15:00

【上級者向け】ハイブリッド構成を支えるAWSテクノロジー (満席)

講師
玉川 憲(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 本部長 / ソリューションアーキテクト)
荒木 靖宏(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 プリンシパル・ソリューションアーキテクト)
概要
エンタープライズアプリケーション領域は、外部向けシステムや情報系システムから、基幹業務システムを含む社内系システムまで様々です。
その真価は、それぞれに最適の技術を選択し、統合できてこそのものです。
本セッションでは、エンタープライズシステムに貢献できるネットワーク技術、アプリケーション統合技術、、高可用性システムの構築例まで、インフラの観点からAWSクラウドを活用したアーキテクチャ、システム設計に関するプラクティスをご紹介いたします。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 Tech-03  Day1 (2013/6/5)15:20-16:00

【上級者向け】基幹業務をAWSクラウドで実現する勘所 ~ 高可用性システム/バックアップのためのアーキテクチャ設計 ~ (満席)

講師
北迫 清訓(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト)
概要
エンタープライズアプリケーション領域でのクラウド利用が注目される中、基幹業務システムを含む社内系システムのクラウド化が拡大してきています。
業務系システムを稼働させるうえで、システムの可用性、バックアップを含めた耐障害性の向上をいかに効率的に実現するかが重要な要素になるかと思います。
本セッションでは、簡単に始められるクラウドバックアップから、高可用性システムの構築例まで、インフラの観点からAWSクラウドを活用したアーキテクチャ、システム設計に関するプラクティスをご紹介いたします。

 タイムテーブルに戻る

 Tech-04  Day1 (2013/6/5)16:20-17:00

【上級者向け】AWSクラウドで構築する、ワールドクラスの分散クラウドアーキテクチャ(満席)

講師
大谷 晋平(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 エマージングソリューション部 部長 / ソリューションアーキテクト)
概要
AWSクラウドでは複数の論理的なデータセンタである、アベイラビリティゾーンを複数使って、分散システムを比較的容易に構築する事が出来ます。
特にAWSのマルチアベイラビリティゾーンアーキテクチャはその最たる例と言えます。
本セッションでは、従来のデータセンターとAWSのマルチアベイラビリティゾーンの違いをご説明しつつ、それよりもよりアドバンスドなマルチリージョンやAWS上に構築可能な分散システムの構成例やプラクティスについてあますことなくご説明いたします。

 タイムテーブルに戻る

 Tech-05  Day2 (2013/6/6)13:20-14:00

【上級者向け】Amazon Redshiftが切り開くクラウド・データウェアハウス(満席)

講師
片山 暁雄(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 エンタープライズソリューション部 部長 / ソリューションアーキテクト)
八木橋 徹平(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト)
概要
AWSでは用途に応じた多彩なマネージド型のデータ・ストアが提供されており、いよいよAmazon Redshiftによりデータウェアハウスの領域にも対応しつつあります。
本セッションでは、オンプレからRedshiftへのデータ移行や運用のノウハウをご紹介します。また、AWSにおける他のデータ管理のサービス(S3、EMR、Data Pipelineなど)との連携についてもご説明いたします。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 Tech-06  Day2 (2013/6/6)14:20-15:00

【上級者向け】高性能インスタンスで実現するHPCクラウド の実力

講師
松尾 康博(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト)
田口 栄治(インテル株式会社 クラウド・コンピューティング事業本部 シニア・スペシャリスト)
概要
高度かつ複雑な大規模科学技術計算・シミュレーションの分野では、オンプレミスに構築したクラスタや外部の共用計算機環境を使うことが一般的でしたが、高度な計算が必要とするコア数は年々増加しており、よりスケーラブルな環境が求められています。
本セッションでは、クラウド上でハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)クラスタを構築できるHPCインスタンス群とそれらを用いたHPC事例を、性能指標と共にご紹介いたします。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 Tech-07  Day2 (2013/6/6)15:20-16:00

ネット選挙クラウド ~オバマ大統領選挙の事例:データ解析からネット募金まで~ (満席)

講師
Miles Ward(Solution Architect Manager, Amazon Web Services)
概要
近日発表

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 Tech-08  Day2 (2013/6/6)16:20-17:00

【上級者向け】AWSクラウドデザインパターンの実装ノウハウ (満席)

講師
鈴木 宏康(アイレット株式会社 CTO)
玉川 憲(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 本部長 / ソリューションアーキテクト)
片山 暁雄(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 エンタープライズソリューション部 部長 / ソリューションアーキテクト)
概要
AWSを操作するためのSDKや、インスタンスを操作するためのツールに焦点を当て、AWSクラウドデザインパターンの中からいくつかのパターンをサンプルに、実装コードやツールの利用方法についてご説明します。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る


  パネルディスカッション セッション紹介

 PD-01  Day1 (2013/6/5)17:20-18:20

【上級者向け】PaaS on AWS ~ プラットフォームサービスon AWSの利点 ~ (満席)

モデレータ
玉川 憲(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 本部長 / ソリューションアーキテクト)
パネリスト
相澤 歩(株式会社セールスフォース・ドットコム/ Heroku Inc., Herokuエバンジェリスト/ Developer Marketing Advocate)
安藤 祐介(株式会社EngineYard PANDA マネージャー)
安川 健太(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト)
概要
IaaSの利点として、汎用的なインフラストラクチャサービスを利用することで、多様なアプリケーションを動作できることが挙げられます。一方で、より利用者の負担を少なくすることができるプラットフォーム・アズ・ア・サービス(PaaS)が注目されています。AWSが提供するEC2やS3を基盤サービスとして、Heroku、EngineYard、AWS Elastic Beanstalkをはじめとした各種サービスが提供されており日本での利用者も増えてきています。本パネルでは、AWS上でサービスを展開している代表的PaaSの各担当者とともに、PaaSの魅力、ユーザー視点からのメリット、お客様事例、AWS上で提供する利点についてディスカッションを行います。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 PD-02  Day1 (2013/6/5)17:20-18:20

AWSだけじゃない!Amazon Android アプリストア、Kindle、AWS勢ぞろいでの丸ごとAmazonパネルディスカッション

モデレータ
堀内 康弘(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 テクニカルエバンジェリスト)
概要
Amazonの持つ魅力はAWSに限ったことではありません。本トラックではモバイル・コンシューマ向けを主軸にしたビジネスを展開する各Amazonのサービスの魅力をたっぷりお届けするパネルディスカッションになります。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 PD-03  Day1 (2013/6/5)17:20-18:20

インターネット広告はリアルタイムの時代に!アドテク・スタートアップ・パネル

モデレータ
遠矢 行史(デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 e-ビジネス本部 副本部長)
パネリスト
小澤 昇歩(株式会社adingo 取締役)
加藤 英也(株式会社AMoAd システム本部 システム局 R&Dグループ マネージャー)
概要
今のインターネット広告で最も重要なファクターの一つが「リアルタイム」での対応です。本セッションではRTBをはじめとするリアルタイム対応への市場の要求と、それに対応する技術、そしてクラウドを適用(ゼロからの構築と、クラウドマイグレーションでの構築の双方を含む)するうえでのメリットと留意点について、アドテク業界の気鋭のスタートアップ企業をパネラーに迎え、議論してまいります。

インターネット広告とクラウド活用の最前線についてご興味のある方は、ぜひこの機会にご参加ください。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 PD-04  Day1 (2013/6/5)17:20-18:20

パネルディスカッション「クラウドファースト企業が実践するAWS活用の実際(仮題)」

モデレータ
中田 敦(株式会社 日経BP 日経コンピュータ編集)
パネリスト
堀尾 紀昭(株式会社アンデルセンサービス 執行役員 システムサポート部 部長)
長谷川 秀樹(株式会社東急ハンズ ITコマース部長 執行役員 / ハンズラボ株式会社 代表取締役社長)
新井 達也(ケンコーコム株式会社 取締役 IT本部長)
概要
システムを開発・更新する際にクラウド利用を第一に検討する「クラウドファースト」を実践される企業様にお集まり頂き、クラウドを導入した経緯や導入の利点、また越えなければいけなかった壁や発生した問題、これからの方向性など、AWSクラウド利用の実際についてディスカッションして頂きます。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 PD-05  Day2 (2013/6/6)17:20-18:20

パネルディスカッション「ウェブテクノロジーをエンタープライズで活かすには?」

モデレータ
八子 知礼(デロイト トーマツ コンサルティング株式会社 TMTインダストリユニット 執行役員 パートナー)
パネリスト
太田 一樹(Treasure Data, Inc. 最高技術責任者)
黒田 晴彦(三井物産株式会社 IT推進部 副部長)
平川 健司(株式会社電通 プラットフォーム・ビジネス局事業企画部長)
概要
近日発表

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 PD-06  Day2 (2013/6/6)17:20-18:20

パネルディスカッション「業界ガイドライン クラウドで乗り切るコツ」

モデレータ
瀧澤与一(SCSK株式会社 ITマネジメント事業部門 サービス企画部 サービス企画第1課 課長)
パネリスト
佐俣奈緒子(コイニー株式会社 CEO & Founder)
篠田 敏幸(協和発酵キリン株式会社 情報システム部 部長)
馬瀬 章(株式会社東芝 クラウド&ソリューション事業統括部 クラウド・ソリューション第二部 参事)
概要
AWSクラウドで業界ガイドラインに適切に対応した事例が昨今増えています。
このパネルディスカッションでは、そのようなお客様をお迎えして、クラウド上でのガイドラインに関しての対応をどのように行ったのか、実践するにあたりの注意点などを議論します。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 PD-07  Day2 (2013/6/6)17:20-18:20

パネルディスカッション「ブランドサイドのマーケッター視点で見るクラウド活用の勘所」

モデレータ
本間 充(花王株式会社 デジタルコミュニケーションセンター 企画室長/ 公益社団法人・日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会 代表幹事)
パネリスト
川本 広二(株式会社リクルート住まいカンパニー 事業開発室 事業開発部 部長 MP統括部 SUUMOネット商品企画部 部長)
長谷川 秀樹(株式会社東急ハンズ ITコマース部長 執行役員 / ハンズラボ株式会社 代表取締役社長)
概要
インターネットを使った広告・マーケティングは、クラウドの登場でその活用方法が新たなステージに入ってきています。本セッションはベンダーサイドではなくブランドサイドの視点で、広告・マーケティングでのクラウド活用の流れについて、各社での導入事例を通して、そのメリットや注意点も含め議論します。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

 PD-08  Day2 (2013/6/6)17:20-18:20

パネルディスカッション「クラウドで変わるSI,ISVとエンドユーザーの関係」(満席)

モデレータ
片山 暁雄(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 エンタープライズソリューション部 部長/ソリューションアーキテクト)
パネリスト
宮本 眞一(ミサワホーム株式会社 企画管理本部 情報システム部 部長)
中村 輝雄(株式会社日立製作所 事業主管)
平野 洋一郎(インフォテリア株式会社 代表取締役社長 / CEO)
概要
クラウドのエンタープライズ領域への浸透は著しく、エンドユーザーは、コストやアジリティ、グローバル対応のために、AWSを含めたクラウドの利用を考えはじめています。このため、SIerもクラウドを使った提案・設計・構築が避けて通れません。またISVのパッケージのも、AWSクラウドへのパッケージの対応を迫られるケースも増えてきています。
このパネルセッションでは、クラウドへの取り組みを行なっているシステムインテグレーター様、パッケージベンダー様と、AWSを活用されているエンドユーザー様にお集まり頂き、これから様々な役割でAWSを活用していく中で目指すべき方向性や、これからの関係性について、ディスカッションして頂きます。

 このセッションを申し込む
 タイムテーブルに戻る

  ナイトイベント 紹介

 NE-01  Day2 (2013/6/6)19:00-20:30

JAWS-UG東京 in AWS Summit Tokyo 2013


  オープニングDJ 紹介

Day1, Day2 (2013/6/5~6)9:45-10:30

オープニングDJ

小林 径(New Tribe)
クラブ黎明期から活躍する日本を代表するVinyl Selectorの一人。
90年代は初期レアグルーヴのオリジネーターとして活躍。 また、アルバム『routine』がドイツ99recordより世界発売、世界中で絶賛される。2000年代に入るとコンピレーション『Routine Jazz』シリーズが記録的なセールス。またGiles Peaterson の WORLDWIDE で特集も組まれるなど高い評価をうける。
現在は渋谷BALLで開催されている、黒くてEXPERIMENTALなグルーヴのパーティ『NEW TRIBE』を中心に活躍中。 日本屈指のグルーヴ・マスター小林径の DOPE な新境地は早くも音楽マニアの間で噂になっている。
今回のAWS Summit Tokyo 2013では、オープニングキーノート(基調講演)前に、東京でのSummitの始まりを小林 径が演出します。