年齢制限

年齢制限

どうしてお金を借りるのに年齢制限があるのでしょう?しっかり返済するからいいのでは?確かにそういうのも分からなくはありません。
一般的に銀行や消費者金融の年齢制限は満20歳〜65歳前後であることが多いようです。
上限年齢については、銀行や消費者金融によって違いがあり、中には70歳というところもあるようです。
しかしながら、満20歳というのはどこの銀行や消費者金融でも変わりがないというのが一般的です。

 

中には18歳や19歳で正社員でしっかり働いている人もいます。契約社員でもそれ相当の給与を貰っているという人もいます。
そのような人達にとっては、年齢という条件で借り入れができないということは残念ではありますが、ここに存在するのは日本という国が成人を20歳と設定していることにあるでしょう。
しかし、最近は選挙の投票年齢を引き下げたり、成人の年齢を下げるという動きが見られることから、その内満18歳以上で収入がある方、というような規定になる可能性も多いにあるのではと思われます。
現在、18歳や19歳の人が借り入れをしたと思った場合は、持っているクレジットカードの借り入れ枠を利用して借り入れをするようにしましょう。
金利はやや高めの設定ではありますが、すぐに借り入れができます。